神言会 ロゴ

カトリック吉祥寺教会 タイトル

KICHIJOJI CATHOLIC CHURCH

司祭の紹介

松本勝男 神父 (主任司祭)

松本神父画像 誕生日:1964(昭和39)年2月25日
出身地:秋田県鹿角市
経歴:1991年3月、南山大学院を修了し、名古屋で司祭叙階。翌4月から2015年3月までの24年間、長崎市の長崎南山中学・高等学校に勤務し、宗教と英語を教える。
途中、同じ敷地内の聖ルドヴィコ神学院で指導司祭を2年半(1994年~1996年)、院長を6年(2002年~2008年)兼務。最後の7年(2008年~2015年)は校長職。2015年4月~2017年3月、秋田教会主任を経て2017年4月、吉祥寺教会主任に
趣味:敢えて挙げるなら、映画鑑賞と音楽鑑賞です。特にドラえもんにハマっていて、1階の自室ではいろいろなドラえもんが皆様をお待ちしています。聴く音楽はクラシックからポップスまで幅広く、その日の精神状態に応じて聴き分けるようにしています
好きな聖書の言葉:「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」(Ⅱコリント12:9)
皆様へ一言:司祭生活27年目とは言え、教会での仕事はまだまだ駆け出しの状態です。皆様にいろいろなことを教えていただきながら、皆様と力を合わせて教会づくりに励んでいきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします
 
 
 

ネルソン・アブライ・バルバロナ 神父

ネルソン神父画像1977年2月13日、フィリピンのサマル島で生まれ、ボホル島で育ったネルソン・アブライ・バルバロナと申します。わたしはよく「オトイ」と呼ばれています。オトイというのは小さい子供という意味ですが、家では大人になってもそのまま呼ばれています。高校生の時、父は私にこう言いました。「あなたが神父になるようにと司教様へ推薦するよ。」残念ながら父は卒業の4ヶ月前に亡くなってしまったので、司教様への推薦はありませんでした。大学を卒業後、私は家電製品センターに勤めました。2年後、準会員(associate)として神言会に入りました。そして、2007年1月7日に日本へ来ました。その後、2年間日本語の勉強をして、カトリック秋田教会で司牧体験をしました、名古屋へ戻って南山大学で神学の勉強を続けた後、遂に2014年3月15日、司祭叙階されました。
 このたび助任司祭として任命され、カトリック吉祥寺教会に来ました。叙階されてまもない私は、教会の仕事にまだ慣れていませんので、これから様々な事を学ばなければならないと思っています。これからの宣教活動を行っていくうえで、文化や生活習慣の違いがあると思いますので、皆さんのお祈りとご理解、ご協力で支えて下さい。私たちの努力が無駄にならないようにすべてのことにおいて神様に祈りましょう。そのうえで、カトリック教会の生活を通して、様々なことを一緒に分かち合い助け合いましょう。そして、神様の御言葉に生かされて忠実に暮らしましょう。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 

オスヴァルド・ヴァルガス 神父

オスヴァルド神父画像
2016年4月より吉祥寺教会に赴任しましたオスヴァルド・ヴァルガスと申します
共同体の中で互いに支え合い、十字架につけられたキリストに真の神に出会い、学んで、共に優れた人間となっていくことを目標とできれば幸いです
皆様よろしくお願いいたします

私の簡単な経歴は以下のとおりです。
1969年5月生まれ オルソノ(チリ国)
1986年(17才) 洗礼と堅信の秘跡を受ける
1989年 サンティアゴの神言会に入会
1998年1月 司祭叙階
1998年9月 来日
2000年 南山大学(日本語科)卒業
2001年1月 カトリック安城教会助任司祭
2003年 三河カトリックセンター
2011年 カトリック西町教会助任司祭
2016年4月より カトリック吉祥寺教会助任司祭
 
 
 

ルイ・ルユン 神父

ルイ神父画像
みなさん、はじめまして、ルイです。正直なところ、初任命としてカトリック吉祥寺教会に行くことになったのを聞いたとき、すごく緊張しました。なぜ、あまり日本語がうまく使えない私をいきなり大きい教会に行かせるのかと、いろいろな不安を感じていました。ですが、日本管区長とお話しし、そして、日本の神言会の先輩の方々に相談したら、宣教師として私はこの初任命に挑戦してみようという気が出てきました。
この自己紹介の記事を書いて、2週間たったんですが、今まで出会った信者の方々が優しくて、笑顔をみせてくださって、少しずつ不安や悩みなどがなくなりそうな気がします。これから、日本語、日本文化や、日本のカトリック信仰をみなさんとともに分かち合ったり、学んだりしていきたいなと思いますので、どうぞお手やわらかに。そして、みなさんと ともに私たちの神様への信仰と愛が深まるように祈りましょう。お互いに頑張りましょう。これからお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。


(経歴)
1983年2月3日生まれ
2005年 神言会に入る
2007年 初心者修練期
2008年 初誓願
2012年12月 司祭叙階(フィリピン)
2014年7月 来日
2016年5月 南山大学留学生別科卒業 (名古屋)
2016年8月よりカトリック吉祥寺教会 助任司祭(東京)
 
 
 

トゥ・ダン・フック 神父

フック神父画像 出身地:ベトナム
経歴:2005年9月9日来日。南山大学にて入学し、日本語を学びその2年後の2007年に半年間、長崎の西町教会にて司牧実習を行いました。日本語をうまく話せず不安もありましたが、日曜学校をサポートしながら楽しく実習を終えることができました
その後1年間秋田の土崎教会におり、2012年に助祭になり神学を学び、2013年3月16日、南山教会にて叙階しました。初任命は南山教会です。南山教会では助任司祭として4年間任務。2017年吉祥寺教会に任命されました
趣味:しゃべること。とにかく、おしゃべりがとても大好きです
好きな聖書の言葉:「わたしは弱いときこそ強いからである」(Ⅱコリント12:10)
皆様へ一言:吉祥寺教会にはとても晴れやかな気持ちで来ました。私が与えられたこの任命を楽しく過ごしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします
 
 
 

後藤文雄 神父 (協力司祭)

後藤神父画像吉祥寺教会へわたしがはじめて来たのは、今から50年前のこと。最初は1963年から1968年、二度目は1974年から1986年、そうして三度目が1994年から現在に至るまで。通算すると、東京での司牧生活は37年になります。
古い写真を眺めていますと、あのAさんも、このBさんも、この世での生活を終えて御父のもとへと旅立ち、時日の流れをしみじみと感じ入るこの頃です。
この間、世の中は大きく変わりました。
急速な文明の進歩は、良しにつけ悪しきにつけ、わたしたちの生活や心と体に大きな影響を与えています。とくに科学の進歩や電化製品の開発には目ざましいものがあり、これでもかとばかりに市場に出まわって、わたしたちの生活を潤しているようです。
なかでも、パソコンと携帯電話とは、無くては日が経たないほどの魅力と力とを持っているようです。グローバル化された現代社会にあって、これらの機器は確かに欠くことのできないものなのでしょう。
しかし、わたし自身にとってはその必要性はまったくありません。それにこれらの機器はわたしの性に合いません。ましてや自分が所有し、使用する気も毛頭ありません。
昔風にいえば、わたしはすでに隠居の身。これからは、自分の目と耳で自然を愛で、日本の文化を賞翫し、人情の円やかな塩梅をゆっくりと味わいたいと思っています。さらに、心の目によって<神>と<ひと>とに仕える生き方ができればと願っています。
ひととひととの関わりを大切にしながら、神のお導きのもと、互いを思いやることのできる人間に成長することができますように。