神言会 ロゴ

カトリック吉祥寺教会 タイトル

KICHIJOJI CATHOLIC CHURCH

はじめての方へ

教会へ行ってみようと思うのだけれども、なんとなく入りにくいし、知り合いがいないし……などと思っている方がとまどうことなく教会へ来られるように、私たちの教会のことをお教えします。

教会は聖堂という建物だけを意味するのではなく、本来、ラテン語でEcclesia、ギリシャ語でεκκλησιαといって、神さまが召し集めた群れ(人びと)の共同体をいいます。

キリスト教入門講座へどうぞ!

私たちの教会では月曜日をのぞく毎日、キリスト教入門講座が行われています。
教会をもっと知りたいと思われるなら、是非、キリスト教入門講座に出て神父さまのお話を聞いたり、いろいろな疑問を神父さまにぶつけてみるのもいいのではと思います。
キリスト教講座は初心者、一般、青年を対象に開設されていますので、曜日と時間帯を考慮のうえ出席されてはいかがでしょうか? いつからでも参加できます。

聖堂はいつも開放されています

聖堂は午前7時~午後10時まであいていますので、自由にお入りください。
聖堂玄関には、教会案内のパンフレットや教会報「シャローム」等の印刷物がおいてあります。ご自由にご覧ください。

ミサにあずかってみませんか

ミサの画像

ラテン語の派遣(ミッシオ)を意味することばに由来するといわれています。また、ミサはエウカリスチア(eucharistia) 感謝の祭儀とも呼ばれます。それはイエス・キリストの死と復活を記念し、復活の恵みにあずからせていただく喜びに満ちた感謝の祭儀だからです。
ミサは「ことばの典礼」と「感謝の典礼」から構成されています。
「ことばの典礼」では聖書が朗読されます。特に福音の朗読が中心になっています。
「感謝の典礼」では、パンとぶどう酒、献金が奉納されます。
祝福はどなたでも受けられますので、みなさんもいっしょに前にでてください。神父さまが十字を切って、頭の上に手をかざして祝福してくださいます。
日曜日のミサの間は、聖堂に「ミサ案内係」がいますので、わからないことはおたずねください。

キリスト教の大きな祝日

イースター(復活祭)

キリストの復活を記念する祝日です。春分の後の満月の、次に来る日曜日と定められているので、毎年変動します。
吉祥寺教会では、イースターエッグをミサで配っています。

クリスマス・イヴ

12月24日の日の入り前に行われます。イヴのミサと呼ばれているのは、深夜ミサといって”光の誕生“をお祝いするためです。

クリスマス(降誕祭)

キリストの降誕をお祝いする祝日で、キリストのミサという意味です。初期のキリスト教では、闇をてらす光として、象徴されるキリストを太陽にみたててキリストの誕生をお祝いしていました。12月25日にクリスマスをお祝いするようになったのは、およそ5世紀ごろからです。